ブログトップ

『ペルーに行って生ダカール・ラリーを見てこよう!』の旅 “5日目”ダカール・ビレッジ2
【2018 ダカール観戦】 はじまりま~す!!
タイトルにしたように、今回の旅の目的は、40周年にあたるダカール・ラリーのスタートを見にいくことです。その他の観光は、わたしたちにとってはオマケです。

ペルー市内にある「ペンタゴニート」と呼ばれる国防省内の広い緑地で、『ダカール・ビレッジ』と称し、3日間に渡り競技車両がパルクフェルメにプールされています。わたしたち一般人がじっくりと競技車両を眺められるのはここだけだと思い、2日目の開場前から並んで入場しました!(入場料は無料ですが、入り口で軍による荷物検査がありました)


a0114468_10304191.jpg
▲ スタートまでの3日間、「ダカール・ビレッジ」オープンです!
a0114468_10442831.jpg
▲ ダカール・ビレッジの見取図ですが、自動車・バイクメーカーの出店はトヨタとホンダしかなく、プジョーやKTM、ヤマハなどの姿はありませんでした。
a0114468_10304524.jpg
▲ 2日目、列に並んで入場したわりには人はまばらです。ダカール・ビレッジの入り口(ENTRADA)もご覧の通りで、余裕で記念撮影です!
a0114468_17445213.jpg
▲ 入り口の外にあるオフィシャルショップは、開店早々賑わっています!ビレッジ内にはあと2店舗ありましたが、どのお店もいっぱいでした!

a0114468_18035943.jpg
▲ 平日の昼間とあって、ビレッジ内はまだガラガラです!
a0114468_11475119.jpg
▲ バイクのパルクフェルメ(車両保管所)には競技車両がまだ10数台…。

a0114468_11482191.jpg
▲ KTM450ラリーばっかりだわ~!!^^
a0114468_11485149.jpg
▲ ポツンとCRF450ラリー!カッコいい~。

a0114468_20092342.jpg
▲ ホンダのブース。わたしたち日本人的には目新しいモノはありませんでした。
a0114468_20093317.jpg
▲ 今大会の冠スポンサー "MOTUL"

a0114468_20224893.jpg
▲ キャンペーンガールも数人いてけっこう華やかです!

a0114468_20094531.jpg
▲ クロスカントリーといえば“BFグッドリッチ”だね~!
a0114468_20095312.jpg
▲ モータースポーツにはお約束! "RedBull"
a0114468_20095853.jpg
▲ 巨大なペルー館です!
a0114468_19541568.jpg
▲ スクリーン付きのポディウムです!パルクフェルメにプールする前に選手紹介が行われます。
a0114468_20221910.jpg
▲ こんなふうに、競技車両がビレッジに入ってくるとポディウムに上がり紹介されます。それにしても、ハイラックスのラリーカーはホント多いです。そしてカッコいい!

a0114468_12461378.jpg
▲ ビレッジ内のオフィシャルショップです。舞い上がって買いすぎると、たいがいタンスの肥やしになりますね!
a0114468_12464213.jpg
▲ HIMOINSAのブース前で、モンローガールを記念撮影しちゃいました!
a0114468_12471243.jpg
▲ 「パリ・ダカールラリー」の創始者“ティエリー・サビーヌ”
a0114468_12474363.jpg
a0114468_12481200.jpg
a0114468_21341797.jpg
▲ クアッド(四輪バギー)もまだ数台…。
a0114468_21342440.jpg
a0114468_21521375.jpg
▲ 2017年の優勝チーム!
a0114468_22045966.jpg
5日目、まだまだつづきますよ~ 169.png

[PR]
# by yukiyuki01010 | 2018-02-05 21:11 | ダカールラリー観戦旅 in ペルー | Comments(0)
『ペルーに行って生ダカール・ラリーを見てこよう!』の旅 “4日目”ワカチナ
【オアシス・ワカチナ】砂漠を疾走!
イカ市内から3kmほどにあるオアシスの村『ワカチナ』に到着しました!
その砂漠の小さな村は、サンドバギーとお土産物屋さんの村でした。

a0114468_11382052.jpg
▲ オアシス・ワカチナの全景。よく見るアングルです!
a0114468_11434889.jpg
▲ 街中の様子。観光客はまばら。お土産物屋さんは半分ほど閉まってます。
a0114468_11382419.jpg
▲ オアシスから砂漠へ駆け上がるルート。
a0114468_14383978.jpg
▲ デューンデューンまたデューン!!!
a0114468_19505318.jpg
▲ マッドマックスに出てくる車両みたい!?
a0114468_14384438.jpg
▲ サンドバギーのドライバーさんと記念撮影!
a0114468_14384831.jpg
▲ サンドボードで砂丘から滑りま~す!!


▲ サンドバギー・ライドの動画です!デジカメ手持ち撮影なので画面揺れます(約3分)。


約1時間ほど砂漠を走りまわり、砂丘の頂上で休憩とサンドボード遊び。かなり面白いツアーでした!お昼ご飯はワカチナへ戻り、地元のレストランでおいしいペルー料理をいただきました。
これで1泊2日のツアーは終わりです。あとはリマのペンションまで約4時間、安全運転のマノロさんにおまかせです。152.png 152.png


第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by yukiyuki01010 | 2018-02-02 21:12 | ダカールラリー観戦旅 in ペルー | Comments(0)
『ペルーに行って生ダカール・ラリーを見てこよう!』の旅 “4日目”ミラドール
【怖~いミラドール】
昨日は、ナスカのセントロにある3つ星ホテル「Hotel Oro Viejo」に泊まりました。
カワイくってコロニアルな雰囲気のホテルでした。

今日の予定は、ナスカから約28km、パンアメリカン・ハイウエイ沿いに立っている『ミラドール』という地上絵観察やぐらへ向かいます。その後、「オアシス・ワカチナ」でサンドバギーに乗りますよ~!

a0114468_19103301.jpg
▲ プールやレストランを囲んで客室が並んでいます。
a0114468_19103829.jpg
▲ かわいいレストランで朝食をいただきました!
a0114468_12542754.jpg
▲ 砂漠にポツンと立つミラドール。登るのに3ソル(約100円)払います。下は小さなお土産物屋になってます。地上絵の写真集を値切って買いました!
a0114468_13083370.jpg
▲ パンアメリカン・ハイウエイが地上絵を寸断しています。
a0114468_13084102.jpg
▲ ミラドールから見た地上絵「海草」です!
a0114468_13084685.jpg
▲ これは「手」だそうですよ。
a0114468_13085051.jpg
▲ この方向に走り続けたら、ブエノスアイレスへ行けるのかな?
a0114468_14100469.jpg
▲ ミラドールの屋根裏に各国のステッカーが貼ってありました!
a0114468_14011371.jpg
▲ それにしてもこの観察やぐら、パイプが細くてサビてて怖いですぅ…。
a0114468_13190896.jpg
▲ さ~て、そろそろ「オアシス・ワカチナ」へ向けて出発です!


4日目、まだまだつづきますよ~ 169.png




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by yukiyuki01010 | 2018-02-01 19:02 | ダカールラリー観戦旅 in ペルー | Comments(0)
『ペルーに行って生ダカール・ラリーを見てこよう!』の旅 “3日目”水路と墓地跡
【水路と墓地跡】 ミイラに出会う!?
ツアーの予定では、ナスカの地上絵フライトの後遅い昼食を取ることになっていたんですが、セスナ酔いで食欲がなく、地元レストラン行きはキャンセルにしました。
予定を一つ繰り上げ、ペルー人の女性ガイドさんと待ち合わせ「水路」へ向かいます。ガイドさんは仕事熱心でやさしい方、ゆっくりとした英語で簡単に分かりやすく説明してくれました!

a0114468_10515768.jpg
▲ ほとんど雨の降らないナスカに、アンデスの山々から地下に造った水路で水を運んでいるらしいです。
a0114468_13541052.jpg
▲ 水路の底には、キレイなアンデスの水が流れていました。
a0114468_09424096.jpg
▲ ナスカ時代の墓地のひとつ“チャウチージャ”の墓穴を巡る周遊路。スゴいロケーションです!


※以後、わたしたちが廻った墓穴のなかにいるミイラさんです。1,000年以上の時を経て何かを訴えているのかもしれません。すべて掲載しますので、【閲覧ご注意】にて。


【閲覧ご注意】 続きを見る »
[PR]
# by yukiyuki01010 | 2018-01-31 18:48 | ダカールラリー観戦旅 in ペルー | Comments(2)
『ペルーに行って生ダカール・ラリーを見てこよう!』の旅 “3日目” ナスカの地上絵
*写真が多いので別エントリーにしました。

【ナスカの地上絵フライト】
いよいよナスカの地上絵フライトが始まりましたー!! 113.png 113.png
わたしは右座席でデジイチ担当、ウチのひとは左座席で右手にG10で動画、左手にはスマホで画像撮影です!インカムからは副操縦士さんのアナウンスが聞こえ、地上絵に合わせて機体を大きく左右に傾けます。数分もたたないうちに、後方の4人のおじさんおばさんたちが無口になりました!それでも機長はノリノリで、アクロバット飛行もどきの操縦です。そのうち、ファインダー越しに地上絵を見ているわたしも、気持ち悪くなってきました~!149.png

a0114468_11272729.jpg
▲ わたしの目線での景色。これだと地上絵は遠くにしか見えません。
a0114468_11273919.jpg
▲ この地上絵は『クジラ』。機体を右45度ぐらいに傾けてくれるので撮れてます!
a0114468_11274338.jpg
▲ どこに地上絵があるかな?
a0114468_11274794.jpg
▲ 有名なフクロウ人間!宇宙人とも?
a0114468_12463646.jpg
▲ 『サル』(右座席より)

a0114468_11275589.jpg
▲ 『サル』
a0114468_12220200.jpg
▲『キツネ』犬とも?
a0114468_12220788.jpg
▲ 『ハチドリ
a0114468_12221360.jpg
a0114468_12222043.jpg
a0114468_12222703.jpg
▲ 『コンドル
a0114468_12223379.jpg
▲ 『コンドル
a0114468_17145798.jpg
▲ 『フラミンゴ』
a0114468_12223947.jpg
▲ 『オウム』
a0114468_12224487.jpg
▲ パンアメリカン・ハイウェイ沿いにある“ミラドール”(観察やぐら)と『海草』


時刻や天候によってかなり見え方が違うらしいけど、どれもみんなしっかりと見えましたよ!35分ほどのフライト時間だったけど、リアルな地上絵を見れてホントに感動しました!!! 最後の10分ほどは冷や汗をかいていましたが… 148.png
ナスカ空港に無事、着陸。

[PR]
# by yukiyuki01010 | 2018-01-28 15:07 | ダカールラリー観戦旅 in ペルー | Comments(0)
『ペルーに行って生ダカール・ラリーを見てこよう!』の旅 “3日目”バジェスタス島
【ナスカ・パラカス・ワカチナ・ツアーへ】
ダカールラリー観戦はもう少し先で、2日間ほど余裕があったので、ナスカの地上絵を見にいくことにしました。リマからナスカまでは約450kmです。長距離バスで7時間ほどで行ける距離です。最初は自力で行くことを考えていましたが、泊っているペンション独自のツアーがあると知り、1泊2日のツアーをお願いすることにしました。

クルマはトヨタ・カローラの新しい機種で、わたしたち二人の貸し切りです!後部座席は広く、乗り心地も抜群。リマのタクシーみたいにエアコンがついていないなんてことはなく、さすが日本車といった感じです。ドライバーは日系人のマノロさん48歳。お二人の娘さんがいる寡黙なお父さんです。ウチのひとは名前を間違えて、「ノロマさん、ノロマさん」と呼んでいました(ゴメンなさいね!)。

a0114468_10411506.jpg
▲ リマ市街から『パン・アメリカン・ハイウェイ』を安全にぶっ飛ばしていきますよ~!

a0114468_13175071.jpg
▲ リマから約250kmにあるパラカスのマリーナ。この建物の裏は「チャコ海岸」です!ここからバジェスタス島行きの船が出ます。

【バジェスタス島ツアー】
a0114468_13175677.jpg
▲ このパワーボートで“リトル・ガラパゴス”と呼ばれる『バジェスタス島』へ向かいます!

a0114468_20492333.jpg
▲ 途中、パラカス半島のペヘレイ岬にある『カンデラブロ』という不思議な地上絵を見ます!

a0114468_20492714.jpg
▲ 地球の歩き方によると、砂山に全長約189m、幅約70m、線の深さ約1m、線の幅約4mに掘られている。スペイン人が描いたという説と、ナスカのプレ・インカ時代に描かれたという説があるらしい…。ちなみにわたしたちは、ボート会社の社員が描いたと踏んでいる(笑)。

a0114468_10472607.jpg
▲ バジェスタス島のいくつかの岩を1時間以上かけてきっちり見せてくれます。

a0114468_10473581.jpg
▲ おびただしい数の海鳥!

a0114468_10474664.jpg
▲ オタリア(アシカ類)の群れ。

a0114468_10475066.jpg
▲ ボートが近づくといっせいに吠えるオタリア!

a0114468_20364249.jpg
▲ パラカスから約220kmのナスカへ向かいます。車窓はあいかわらずの砂漠です!

【ナスカ地上絵フライト】
a0114468_20525636.jpg
▲ 「えっ、ココが?」っていう感じのナスカ空港。

a0114468_20530013.jpg
▲ ちっちゃなブースでいくつもの航空会社が営業しています。搭乗前に入り口の秤で体重を量られます!飛行機が傾かないかな?

a0114468_08144472.jpg
▲ 次々に凄い音を立てて離陸していきます!ドキドキしながら順番を待ちます♪

a0114468_08504742.jpg
▲ 順番が回ってきました!「好きな座席に座っていいよ」と、やさしいオジさん。もちろん、操縦席のすぐ後ろをキープしました!!
a0114468_10175765.jpg
▲ イケメンの副操縦士さんがシャッターを切ってくれました♪

a0114468_09341751.jpg
▲ 8人乗りセスナの機内はこんな感じです。画像以外に4席座席があります。各自インカム用のヘッドホンをつけます。

a0114468_09344619.jpg
▲ エンジンを掛け滑走路まで移動し、いよいよ離陸です!

a0114468_09351656.jpg
▲ エンジン全開で軽々と浮かび上がりました!


3日目、まだまだつづきますよ~ 169.png

[PR]
# by yukiyuki01010 | 2018-01-22 00:58 | ダカールラリー観戦旅 in ペルー | Comments(0)