ブログトップ

『ペルーに行って生ダカール・ラリーを見てこよう!』の旅 “2日目”セントロ
【いつもの自由旅行】
2日目の今日は、長い航空機移動と時差ボケ解消のための休息日に当てました。とはいっても、部屋でゴロゴロしているわけではなく、お昼前からリマ市街を散策に出かけました。
ペンションオーナー主催のリマ市街ツアーもありましたが、マイペースで見て回りたいので、地球の歩き方片手に街に出ました。まずはセントロへ行こうと宿を出ると、いきなり車がクラクションを鳴らします!なんだろうと見てみると、空車のタクシーです。「こいつらは乗るだろう!?」と、脇に止まります。リマのタクシーには料金メーターがついていません。乗る前に行き先を運転手に言い、料金交渉をしてから乗車します。料金が折り合わなければ次のタクシーを探します。大体の相場を宿のオーナーから聞いていたので、困ることはなかったです。
交渉は、ウチのひとがまずポルトガル語で話します。ダメなら英語、最後は少し覚えたスペイン語です。ポルトガル語とスペイン語は共通の単語が多いので、大概は伝わるそうです。わたしは旅の会話集を持っていましたが、基礎会話を勉強しただけで、あまり出番がありませんでした。

a0114468_09435154.jpg
▲ アルマス広場のカテドラル。ペルー最古らしい…。
a0114468_10335233.jpg
▲ カテドラルの内部。ミサが行われていました。神聖な雰囲気…
a0114468_10453317.jpg
▲ 旧市街の中心、アルマス広場。
a0114468_11050422.jpg
▲ アルマス広場の中心にある噴水は17世紀に造られたらしい…。
a0114468_21134826.jpg
▲ サン・マルティン広場
a0114468_19282508.jpg
▲ とりあえずビールは『クスケーニャ』! クスコの地ビールです。
a0114468_21243762.jpg
▲ モヒート・レモンと「チョクロ」(粒の大きなペルーのトウモロコシを揚げたもの)
a0114468_21135334.jpg
▲ ペルーを代表する料理「セビーチェ」(白身魚やタコ、エビ、イカ、貝などをレモンで締め、紫タマネギとあえたマリネのような料理)
a0114468_21135783.jpg
▲ 「ロモ・サルタード」(牛肉、タマネギ、トマトを炒めたペルーの国民食)

[PR]
by yukiyuki01010 | 2018-01-20 23:13 | ダカールラリー観戦旅 in ペルー | Comments(0)